麻乃ヨルダの秘密基地

性別が迷子な人の方向性が迷子なブログ。だが男だ。

女装論

詐欺ではない、技術だ~画像加工で可愛い自撮り写真を作っちゃおう

投稿日:2016年4月20日 更新日:

どうも皆さん。僕の自撮り写真はご覧になりましたでしょうか。可愛かったでしょ?ね?ね?石は投げないでください。

しかし!それらの写真は「真実」を写しておりません。なんでかって、僕は画像を加工しているからです。綺麗に見せているからです。

えっ?それは詐欺じゃないかって?

ケケケ、詐欺と言われようがなんだろうが、可愛く見せることが出来りゃあそれでいいんだよ~ん、騙される方が悪いんだよ~ん。自撮り写真なんてそんなもんなんじゃ!

というわけで、具体的にどうやって綺麗に見せたのかを書いていきます。

スポンサーリンク



用意するもの

では、以下のものを用意しましょう。

・お化粧した自分
・スマホ
・Camera360(アプリ)
・DECOPIC(アプリ)

別にアプリはこの二つじゃないといけないってわけじゃありませんが、僕が愛用していて説明できるのもこれしかないってことで。でも、実際に愛用したくなる良いアプリです。アプリ会社の回し者じゃないヨ!

カメラアングルで勝負

お化粧が出来たら、とりあえず自撮りをしましょう。

まず基本のカメラアングルですが、これは「とにかく上から」です。正確には「カメラを見上げる状態」で写真を撮ります。

僕のこれまでの自撮り写真を見てきてください。カメラの位置は微妙に異なりますが、絶対にカメラを見上げています。なぜなら、上から撮った方が遥かに簡単に可愛く撮れるからです!

上から写真を撮ろうとすると、おめめは必然的に上目使いになります。上目使いをすると、目が大きく見えます。大きい目はかわいい理論です。

それだけでなく、カメラを見上げてニッと微笑むと、優しい表情になってこれまた可愛い印象を与えることが出来ます。アヒル口にせずとも、口角をほんの少し上げるのがいいでしょう。

で、可愛い自撮りというのは上から撮るだけではありません。そこから更に「横の角度」をつけていきます。ハイ!また僕の自撮りを見てきて!真正面から撮ってる写真って、ほぼ無いはずです。多少の差はあれど、角度をつけて撮ってます。

これは輪郭を誤魔化すためですね。上から撮るだけでも効果はあるんですが、僕の場合は大きな鼻がコンプレックスということもあって、鼻が真正面でデカデカと写りこまないように、小さく見える角度を探しながら撮っています。角度を調整することによって、できるだけ顔のパーツを小さく、小顔にしていくわけです。

このベストなゾーンはやっぱり人によって多少異なるでしょうから、スマホを掲げながら「あでもないこーでもない」と試行錯誤しましょう。

光を味方につける

そして、写真ってのは光が大事です。明るい光に照らされるだけで、肌がキレイに見えて印象が良くなります。ゲレンデにいる女の子が美人に見える現象もこれです(雪からの光の反射で云々)。

ただし、蛍光灯などの人工的な光よりも自然光の方が、化粧が変に浮かないので綺麗に撮れます。自然光とまではいかなくても、間接的に光を入れるのが良いです。白っぽい壁やカーテンの横に立って光を入れるとか。

あと、光を入れるので大事なのが、「目に光を入れる」ことです(キャッチライトと呼ばれます)。アニメキャラのように目をキラキラさせるのです。アイドルもよくやってますね。

ここで使うのがレフ板……なんて、プロでもない限り持ってないので、キャッチライトが出来るポジションで写真を撮るか、カメラに写りこまない位置にアルミホイルなど光を反射するものを置いて、それを見ながら撮るとか。ちなみに、キャッチライトを入れないと、目に光が無くなって所謂レ○プ目になってしまいます。

まぁ、こうやって説明しておいてなんですが、キャッチライトを入れずに撮っちゃうことも多々あります(笑)。それが逆に妖しい雰囲気を出したりして、良い時もあるので。

画像を修正してやる!

ではここで、Camera360さんに登場してもらいましょう。

いや、さっきの自撮りのところからCamera360でもいいんですが、良い写真を一発で決めるってのは難しいです。僕の場合は「こんなブス僕じゃないやい」と言いながら10枚ぐらい撮っては、いい写真を選別しているので、数撃ちゃ当たる精神です。なので、写真を撮るアプリ自体はスマホに初期で入ってるやつでもなんでもOK。問題は次。

良く撮れた写真を選んだら、Camera360で編集をしていきます。編集の効果を見てもらうために、ここからは実例を出していきます。見せたくないんですけど。見せたくないんですけど!でも見せないと参考にならなそうだから。

11

うわぁ、この肌の荒れ!いや、元々ニキビ跡が酷いし、写真の写りがたまたまよくないとかゴニョゴニョ。

言い訳はこの辺にして、編集をしていきます。「人物」ってとこで顔認証(上手く認証されなかったらセルフで目と口の位置をセットします)したら、「美肌」を選びます。これによって肌をぼかして、荒れた肌を目立たなくしてくれます。効果は0~100で選べますが、あんまり強くやりすぎると顔に霧でもかかってんのかってくらいモヤモヤになるので、50~70くらいのところでセットするのがいいでしょう。

次に、「美白」を選びます。これで画面全体を白く(ホワイトバランスを強く)することで、白く綺麗な肌にすることが出来ます。こっちもやりすぎると画像全体が真っ白になってしまうので、30~50くらいで控えめにセットするといいでしょう。で、出来たのがこちら。

12

な ん と い う こ と で し ょ う。火星の表面のようにカサついた肌が白く艶やかになりました。すごいですね~。同時に、「自撮りってこれだけ変わるんだな……こわっ」とも思うことでしょう。ええんや、それも技術や技術。自分を出来る限り可愛く見せたいのが乙女心ってもんじゃい。乙女心を放棄してるよりよっぽどええがな……というのが僕の持論ですが、どうですか!

他にも色々な機能がありますが、とりあえず「美肌」と「美白」だけ使っておけば綺麗にできるので、あとはお好みで編集していきましょう。

可愛くデコろう(9ºωº)9

しかし、編集で綺麗にできたものの、まだ頬のニキビ跡が消えきっていません(そういう写真をわざと選んだってのもあります)。

なので、さらに画像をデコレーションすることで色んなものを詐欺……可愛く見せます!

で、僕が愛用しているアプリがDECOPICです。Camera360で作った画像を選択し、いざ編集!画像サイズを選択するよう選択肢が出てきますが、単なる写真として編集したい場合はそのままの画像サイズで、twitterなどでアイコンとして使いたい場合は正方形のサイズに切り抜きをしましょう。

機能は色々ありますが、慣れない場合は「テンプレ」を使えば大丈夫。どれも完成度が高いので、テンプレを選ぶだけで簡単に可愛くできます(僕の自撮り写真も殆どコレ)。

しかし、今回は個別の機能を使います。まず、「スタンプ」を使います。色々かわいいスタンプがいっぱいありますね!でも、スタンプを使う意義ってのは可愛くデコるだけじゃないんですな。というわけで、どどん!

13

(フレーム編集もしてますが、そこはお気になさらず)

ああっ!スタンプでニキビ跡のところを消してるぅー!汚いなさすが女装家きたない。

ご覧のように、星を散らすスタンプをハート形に、尚且つ輪郭に沿うように貼ることで、気になる部分を隠すことが出来るんですね。ケケケ。詐欺と言われようが(以下略)。

これだけでも十分可愛くできましたが、フィルタもかけてみましょう。そーれ。

14

出た!雰囲気でなんかそれっぽく見せるの術だ!

こうして、可愛い自撮り写真が出来上がっていくわけですねー。

というわけで、みなさんも自撮りをしてバシバシ詐欺っていきましょう!(結局詐欺なのか……)

スポンサーリンク



↓よかったら応援お願いします!
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

-女装論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女装男子はこれから増えていく?~曖昧になっていく性の境界線

僕がなんでこのブログを作ったかというと、それはやっぱり「女装の話に需要があると思ったから」ですが、同時に「これから先、需要が伸びるんじゃないか」という計算も含んでいます。 単なる趣味としての女装か、性 …

もじゃもじゃムダ毛にさようなら~あなたは正しくムダ毛処理できていますか?

ムダ毛。嫌ですね~。その言葉の響きだけでしかめっ面になってしまいそうな、みんなの難敵です。 だってさ、嫌でしょ?可愛いな~と思った子がすね毛・ワキ毛がボーボーとか。汚いし。伸びきったムダ毛は付着した汗 …

まずは準備から~女装をするために揃えないといけない化粧アイテム

さぁ女装をするぞ!と、意気込んだはいいものの、何を準備すればいいのかサッパリ。大抵の人はそこからスタートしていくと思うので、まずはどんな物を揃えていけばいいのかを書いていきたいと思います。 「びゅーら …

まずは化粧をしてみよう~美人の道も一歩から

化粧のために買うものは買った。となれば、次は実戦あるのみ! ということで、今回は化粧の手順を書いていきたいと思います。 勿論、このやり方は僕なりのものなので、このやり方じゃないといけないなんてことはあ …

正しく目利きをする~通販するなら信頼できるサイトで

最近、更新が滞り気味なこのサイトですが、ちょっと記事にしておきたい話があったので書き留めておきます。 話というのは、先日ツイッターの方で話題になっていた女装子向け通販サイトの話です。 まずはこちらを見 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter