麻乃ヨルダの秘密基地

性別が迷子な人の方向性が迷子なブログ。だが男だ。

【攻略】ハッピーサンドイッチカフェ 全調味料一覧

      2016/11/12



前回に引き続き、ハッピーサンドイッチカフェの攻略メモです。

マジでね、揃えるの超大変でした。ミッションやったりなんだりしても調味料が全然集まんないの。レア度によって入手率にかなりの差があって、レモン汁とかは何十個も手に入るのに、パルミジャーノとか「え?そんな調味料あるんですか?」ってレベルで手に入らなかった。へへ、やりこみ甲斐があるってもんだぜ(半ギレ)

各調味料の入手法は「調味料ショップで買う」「調味料ミッションをこなす」「歩いている人からもらう」「マグにサンドイッチをあげる」「街レベルを上げる」の5つ。調味料をコンプしたかったら、あらゆる手段を使って調味料をかき集めよう。体感として、レア度の低い調味料は「調味料ミッションをこなす」「歩いている人からもらう」、レア度の高い調味料は「マグにサンドイッチをあげる(マグとの仲良し度が高いほどレア調味料の入手率アップ?)」でもらえる印象。

街レベルを上げる以外はランダム性が強いので、街レベルで入手した調味料は大事に使っていきたい。しかし、街レベルの上昇で何の調味料がもらえるかメモってなかったな。誰か教えて:;(∩´﹏`∩);:

スポンサーリンク



目次

調合した調味料

サワークリームマヨネーズ

1サワークリームマヨネーズa1サワークリームマヨネーズb

レシピの入手法:コンテスト「シンプルでおいしいサンドイッチ」

最初に手に入るチュートリアル的な調味料。唯一素材二つで作れるコスパ最高の調味料なので、積極的に使っていこう。

ハニーマスタード

2ハニーマスタードa 2ハニーマスタードb

レシピの入手法:コンテスト「シンプルな野菜サンドイッチ」

甘さと辛さが絶妙な調味料。個人的に、粒のないマスタードで作るイメージだったナ。

アンチョビバター

3アンチョビバターa3アンチョビバターb

レシピの入手法:コンテスト「絶品たまごサラダサンドイッチ」

肉でも魚でも、使えばたちまち絶品イタリアンになる調味料。パンに塗っても最高よ。

オニオンキャラメリゼ

4オニオンキャラメリゼa 4オニオンキャラメリゼb

レシピの入手法:コンテスト「3段重ねのおいしいサンドイッチ」

甘くてトロトロの玉ねぎは肉料理と相性抜群。サラダと合わせても美味しいね。

ハーブソルト

5ハーブソルトa 5ハーブソルトb

レシピの入手法:コンテスト「三色サンドイッチ」

塩とハーブを混ぜ合わせただけの簡単調味料。臭みの強い食材と合わせたいね。

ホースラディッシュソース

6ホースラディッシュソースa 6ホースラディッシュソースb

レシピの入手法:コンテスト「具材を4つ使ったサンドイッチ」

摩り下ろしたホースラディッシュとサワークリームを混ぜ合わせたもの。ローストビーフのお供。

ディルマヨネーズ

7ディルマヨネーズa 7ディルマヨネーズb

レシピの入手法:コンテスト「女性が大好きなサンドイッチ」

魚介に合うさっぱりマヨ。サーモンとアボカドにかけてペロリしたい。

ガーリックバター

8ガーリックバターa 8ガーリックバターb

レシピの入手法:コンテスト「5段重ねのおいしいサンドイッチ」

文字を見ただけで美味しそうな濃厚な組み合わせ。味がアップしないのは異議あり!

レモンバター

9レモンバターa 9レモンバターb

レシピの入手法:コンテスト「真っ赤なサンドイッチ」

バターのコクとレモンの酸味が絶妙。焼いた魚にぶっかけたいが、その手の食材はないので残念。

トマトマヨネーズ

10トマトマヨネーズa 10トマトマヨネーズb

レシピの入手法:コンテスト「子供が大好きなサンドイッチ」

家庭の2大万能ソースを組み合わせた調味料。派生としてロシアンドレッシングとサウザンドアイランドソースがある。

スイートチリソース

11スイートチリソースa 11スイートチリソースb

レシピの入手法:コンテスト「香りの良いサンドイッチ」

甘辛でアジアンフードによく合うソース。既製品だと使いきれなくて冷蔵庫の肥やしになる……ならない?

ロシアンドレッシング

12ロシアンドレッシングa 12ロシアンドレッシングb

レシピの入手法:コンテスト「6段重ねのサンドイッチ」

ロシアンだけどアメリカ生まれのソース。全てのステータスを上昇させる万能っぷり。

タルタルソース

13タルタルソースa 13タルタルソースb

レシピの入手法:コンテスト「大人の男性が喜ぶサンドイッチ」

揚げ物にぴったりなマヨネーズベースのソース。「タルタル」という名の由来は諸説あるそうでワケワカメ。

ベシャメルソース

14ベシャメルソースa 14ベシャメルソースb

レシピの入手法:コンテスト「絶品5段重ねサンドイッチ」

所謂ホワイトソース。グラタンなどの料理に使われるだけでなく、他のソースのベースとして使われることも多い。

サウザンドアイランドソース

15サウザンドアイランドソースa 15サウザンドアイランドソースb

レシピの入手法:コンテスト「野菜たっぷりサンドイッチ」

アメリカとカナダの間のサウザンドアイランズ由来のソース。野菜スティックにつけて食べるイメージが強いなぁ。

ヴィネグレットソース

16ヴィネグレットソースa 16ヴィネグレットソースb

レシピの入手法:コンテスト「シニアが大好きなサンドイッチ」

フランス料理でよく使われる調味料で、フレンチドレッシングとも。ただ、アメリカ産フレンチドレッシング(ヴィネグレットに砂糖やケチャップなどを混ぜたもの)と紛らわしいので、ヴィネグレットと呼んだ方が正確。

シーザードレッシング

17シーザードレッシングa 17シーザードレッシングb

レシピの入手法:コンテスト「7段重ねのサンドイッチ」

シーザーサラダのドレッシング(そのまんま)。他の用途が思い浮かばないのだが、何か別の活用法はあるのだろうか?

アイオリ

18アイオリa 18アイオリb

レシピの入手法:コンテスト「絶品6段重ねサンドイッチ」

南フランスやスペインのカタルーニャ地方でよく使われるソース。名前は「ニンニクと油」の意。

オーロラソース

19オーロラソースa 19オーロラソースb

レシピの入手法:コンテスト「具だくさんでも低カロリーサンドイッチ」

ベシャメルソースにトマトとバターを加えたソース。北極・南極のオーロラ(英語:ローマ神話の女神アロウラが語源)と、このソースのオーロラ(フランス語:曙、明け方の意)は別物。

オランデーズソース

20オランデーズソースa 20オランデーズソースb

レシピの入手法:アイテムショップ(チケット1,000枚)

エッグベネディクトにつけるやつ。フランス料理の5大ソースの一つ(その一つにベシャメルソースも)。

モルネーソース

21モルネーソースa 21モルネーソースb

レシピの入手法:アイテムショップ(チケット1,500枚)

ベシャメルソースにチーズを加えたもの。味とボリュームが自慢のサンドイッチを一気にパワーアップ。

サルサベルデ

22サルサベルデa 22サルサベルデb

レシピの入手法:コンテスト「子供が野菜好きになるサンドイッチ」

見た目通りのさっぱりソースで夏にぴったり。「サルサ」はソース、「ベルデ」は緑色。

ペストジェノベーゼ

23ペストジェノベーゼa 23ペストジェノベーゼb

レシピの入手法:アイテムショップ(チケット2,000枚)

バジリコをベースとした、パスタで有名な調味料。ペストとは「ペースト状の調味料」のことであって、黒死病の菌とは一切関係ない(当たり前)。

臭いソース

24臭いソース

一応載せておきましょうか。レシピ通りに調味料を調合しないと、以下3種の「失敗作」が出来上がります。

まずい調味料

25まずい調味料

失敗作3種は「レシピを間違える」ことで作成されるので、実はすべてのレシピをオープンすると手に入らなくなるレア調味料と化す。いらないけどな(調味料のコンプリート率にも関係ないし)。

黒い液体

26黒い液体

もはや調味料とすら認識されない謎の物体。かけるとヘルシーさが損なわれるとは一体……?

元となる調味料

小麦粉

1小麦粉

調合できる調味料:ベシャメルソース、オーロラソース、モルネーソース

当たり前だけど、これを振りかけたところでサンドイッチのクオリティは変わらない。調合用。

牛乳

2牛乳

調合できる調味料:ベシャメルソース、サウザンドアイランドソース、モルネーソース

こちらも調合用。だけど、本当にぶっかけたとしたら「香り‐30%」くらいにはなってると思うゾ。

卵黄

3卵黄

調合できる調味料:アイオリ、オランデーズソース

ここから先は単体でも使える調味料。大量に入手できる割には調合できるソースがストーリー後半の2種なので、扱いがちょっと難しい。

砂糖

4砂糖

調合できる調味料:オニオンキャラメリゼ、スイートチリソース

意外なほどに調合できるソースが少ない砂糖。卵黄同様、ゲームを進めるほどにラックでダブついてくる調味料。

ビネガー

5ビネガー

調合できる調味料:スイートチリソース、ヴィネグレットソース、シーザードレッシング

さしすせその酢。調合に使おうにも有り余るので、バンバン使ってしまおう。

レモン汁

6レモン汁

調合できる調味料:ハニーマスタード、ディルマヨネーズ、レモンバター、アイオリ、オランデーズソース

柑橘系の爽やかな酸味をプラスする調味料。唐揚げにかけるときは一言断ろう。

西洋わさび

7西洋わさび

調合できる調味料:ホースラディッシュソース、ロシアンドレッシング

別名「ホースラディッシュ」。大量に手に入るレア度1の調味料の中でも、使い道の少なさはなかなかのもの。

パセリ

8パセリ

調合できる調味料:アンチョビバター、ハーブソルト、ガーリックバター、レモンバター、タルタルソース、サウザンドアイランドソース、サルサベルデ

ハーブ系で最も使用頻度が高い一種。見た目のステータスを向上させてくれる数少ない調味料で使いたくなってしまうけど、単体では使わず調合用にとっておこう。

タイム

9タイム

調合できる調味料:ハーブソルト

フランス料理でよく使われる万能ハーブ。鶏肉と相性抜群。

オレガノ

10オレガノ

調合できる調味料:ハーブソルト

こちらはイタリア料理でよく使われるハーブ。トマトと相性が良いが、ゲーム中だとそういった活躍の場がない。

ディル

11ディル

調合できる調味料:ディルマヨネーズ

「魚のハーブ」と呼ばれるほど、魚との相性抜群。栽培は簡単、というか元気が良すぎるらしい。

オリーブオイル

12オリーブオイル

調合できる調味料:オニオンキャラメリゼ、ヴィネグレットソース、シーザードレッシング、アイオリ、サルサベルデ、ペストジェノベーゼ

使うとたちまち地中海の香りがしてくる植物油。その香りに魅入られた者の末路がもこみちだ。

トマトペースト

13トマトペースト

調合できる調味料:オーロラソース

同じ効果のオリーブオイルと比べ、用途が非常に狭い。味を良くしたいならこちらを優先的に使おう。

松の実

14松の実

調合できる調味料:ペストジェノベーゼ

油脂が豊富で、ジェノベーゼに必須な種。原産地の中国では「毎日3回食べると仙人になれる」と言われているとかいないとか。

オニオンスライス

15オニオンスライス

調合できる調味料:オニオンキャラメリゼ、ロシアンドレッシング、タルタルソース

調味料と言われるとなんだか違和感が有るような無いような。サンドイッチの具材に玉ねぎを使って、この調味料を振りかけると「まいったな、玉ねぎがダブってしまった」ということにはならないのだろうか。

カイエンペッパー

16カイエンペッパー

調合できる調味料:トマトマヨネーズソース、スイートチリソース

カイエンペッパー(赤唐辛子)を粉末状にしたもの。「カイエン乗りてぇ」で有名(?)なポルシェのカイエンは、カイエンペッパーから名がとられている。

レリッシュ

17レリッシュ

調合できる調味料:タルタルソース、サウザンドアイランドソース

ピクルスの一種。こちらは色んな野菜を刻んで甘酢漬けにしたものになる。

サワークリーム

18サワークリーム

調合できる調味料:サワークリームマヨネーズ、ホースラディッシュソース

乳酸菌で発行させた生クリーム。ジャガイモと一緒に食べると最高……そういえば具材にジャガイモないよね、出してくれないかなぁ。

バター

19バター

調合できる調味料:アンチョビバター、ガーリックバター、レモンバター、ベシャメルソース、オーロラソース、オランデーズソース、モルネーソース

料理にコクを与える白い悪魔。僕を太らせないでくれ!

マヨネーズ

20マヨネーズ

調合できる調味料:サワークリームマヨネーズ、ハニーマスタード、ホースラディッシュソース、ディルマヨネーズ、トマトマヨネーズソース、ロシアンドレッシング、タルタルソース、サウザンドアイランドソース、シーザードレッシング

見ての通り、最も使用頻度が高い万能調味料。ショップで見かけたらまとめ買いしておこう。

トマトケチャップ

21トマトケチャップ

調合できる調味料:トマトマヨネーズソース、ロシアンドレッシング、サウザンドアイランドソース

加工してこそ真価を発揮するトマトの代表作。日本産のチューブに入ったケチャップに慣れていると、海外産の瓶ケチャップは死ぬほど使いづらい。

ブラックペッパー

22ブラックペッパー

調合できる調味料:ガーリックバター

日本で一番人気の胡椒。王様に渡すと船が貰える(もうこのネタは古いだろうか……)。

ホワイトペッパー

23ホワイトペッパー

調合できる調味料:ベシャメルソース、ヴィネグレットソース、オーロラソース、オランデーズソース

ブラックよりも香りが穏やかな胡椒。目立たずササっとスパイスを効かせたいときはコレ。

ピンクペッパー

24ピンクペッパー

調合できる調味料:レモンバター

ピンクというよりレッドな気がするけど、「レッドペッパー」では唐辛子になってしまう。色んな種類の実が「ピンクペッパー」と同じ名前で呼ばれているので、これまたややこしい。

はちみつ

25はちみつ

調合できる調味料:ハニーマスタード

以外にもハニーマスタード以外に使い道がない。メープルシロップとの違いに混乱するのはみんな通る道。

ガーリックペースト

26ガーリックペースト

調合できる調味料:アンチョビバター、ディルマヨネーズ、ガーリックバター、スイートチリソース、シーザードレッシング、アイオリ、サルサベルデ、ペストジェノベーゼ

香ばしい匂いが空腹を刺激する調味料。レア度の割に使い道が多く、運が悪いと全く数が足りなくなることも(実体験)。

27塩

調合できる調味料:オニオンキャラメリゼ、ハーブソルト、タルタルソース、ベシャメルソース、ヴィネグレットソース、アイオリ、オーロラソース、オランデーズソース、モルネーソース

もっと序盤に出てきてもいいような気がするけど、レア度はちょっと高め。マヨネーズに次いでよく使う調味料なので、目一杯ストックしておこう。

フライドオニオン

28フライドオニオン

調合できる調味料:

今のところ単体でのみ使える調味料。まぁ、これで完成しちゃってるもんね。

フライドガーリック

29フライドガーリック

調合できる調味料:

こちらも単体のみ。サラダにかけると美味しいね。

粒マスタード

30粒マスタード

調合できる調味料:ハニーマスタード

マスタードに粒が入っている方が好きか、入っていない方が好きか、どっちかな?とりあえずジャンクフードには粒マスタードだと個人的に思ってますです。

ディジョンマスタード

31ディジョンマスタード

調合できる調味料:ホースラディッシュソース、トマトマヨネーズソース、ヴィネグレットソース、シーザードレッシング

フランスのディジョンで生まれたマスタード。同じマスタード系でも、こちらの方が色んなソースで必要に。

タプナード

32タプナード

調合できる調味料:

オリーブやアンチョビなどで作られた調味料。単体の調味料というより、調合で作られる調味料の方が扱いとしてしっくりくるような。

アンチョビ

33アンチョビ

調合できる調味料:アンチョビバター、サルサベルデ

塩に漬けたカタクチイワシ。ガーリックやマヨネーズと一緒に合わせた時の旨さは悪魔的。

パルミジャーノ

34パルミジャーノ

調合できる調味料:モルネーソース、ペストジェノベーゼ

このチーズを担保にお金を借りられる銀行もあるほど高価なチーズ。マグとの仲良しレベルを上げるとよく貰えるので、頑張って仲良くなろう(→早く仲良くなる方法)。

ワカモレ

35ワカモレ

調合できる調味料:

アボカドやトマトを混ぜて作られた調味料。トルティーヤやタコスにつけるメキシカンなアレ。

ケッパー

36ケッパー

調合できる調味料:サルサベルデ

地中海沿岸で採れる植物。スモークサーモンの付け合わせにするのがメジャー。

バジルペースト

37バジルペースト

調合できる調味料:ペストジェノベーゼ

単体の調味料で唯一、ステータス全般を上昇させるすごいやつ。それでも効果は調合した調味料に及ばないので、すぐにジェノベーゼの素材にしてしまおう。

最強の調味料は?

オーロラソースとオランデーズソースの二択。

ステータス全てを上昇させ、素材も割と手に入りやすいものばかりと、非の打ちどころが無い。

ミッションで行き詰ったらこの二つのソースを使うのが一番!レシピを手に入れるまでが辛いケド。

↓よかったらクリックお願いします!
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

スポンサーリンク



 - アプリ