麻乃ヨルダの秘密基地

性別が迷子な人の方向性が迷子なブログ。だが男だ。

【攻略】Sausage Legend~全ソーセージ一覧

      2016/09/28



前回紹介したソーセージレジェンドに魅入られてしまった僕は、まさかの一晩で全ソーセージコンプを果たしてしまったので、せっかくだから集めたソーセージたちを紹介。

ぶっちゃけしょうもないネタゲーなのに、紹介文がイチイチ勉強になるのがまた笑える。

みんなも全てのソーセージを集めてソーセージ博士になろう!

語感が卑猥すぎるでしょ。

スポンサーリンク



ノーマル

基本となるソーセージ群。まずはこれらを使いこなすところから。

ホットドッグ

1

最初に相棒となる一本。まずはこいつで手慣らしとイこう。

サラミソーセージ

2

硬くてサイズの大き目なソーセージ。回避がしにくく、肉を斬らせて骨を断つ戦いになりやすい。

チョリソー

3

スパイスの効いたソーセージ。ホットドッグと大差はないが、こちらの方が少々硬質。

魚肉ソーセージ

4

スケソウダラをベースにした魚肉の加工食品。リーチを活かしてブン回すダイナミックな戦法が一番。

ヨーテボリソーセージ

5

太さと短さはトップの一品。攻撃を当てるのが難しく、上級者向けと言える。

ウィンナー

6

ムチやヌンチャクのように振り回すのがベストなソーセージ。処理の都合で、当たり所によっては気が狂ったような動きを見せる。

スジュク

7

ホットドッグとチョリソーの中間くらいな使い心地。やや柔軟性に欠けるか。

ブラートヴルスト

8

バランスの良い動きを見せるソーセージ。初心者の練習にはもってこい。

サビロイ

9

短くなった魚肉ソーセージのような使用感。やはり振り回して連打を加えていくのが得策。

ランドイェーガー

10

薄くて長い乾燥ソーセージ。使い心地は意外と軽やか。

レア

ここから先はソーセージにスキルが付いてくる。ステータス以上にスキルがモノを言うようになるだろう。まさか人生で「ソーセージのスキルとステータス」なんて語彙を必要とされる日が来るとは思っていませんでした。

チェヴァプチチ

11

短くなったランドイェーガーのような使用感。これまた攻撃を当てづらいので、先手必勝よりもカウンター向け。

スンデ

12

正直、こいつを使っている時が一番絵面がヤバい。完全に黒い皮被ったアレじゃないですかヤダー。

ヴァイスヴルスト

13

ヨーテボリと同じで、取り回しが難しいソーセージ。自動回復スキルを持つが、それ以上に攻撃を当てられやすいので収支がプラスになることは少ない。

ブルートブルスト

14

ヴァイスヴルストよりはリーチが長いが、やはり全体的に見ると短め。スキルも相まって、カウンター特化型に近い動き。

ラップチョン

15

ゲーム中で最も小さいソーセージ。パワーも低いので、手数で攻めていこう。

スーパーレア

スキルもステータスも1段レベルアップしたソーセージたち。ここのソーセージを手に入れることができれば、コイン集めが一気に楽になる。

ちくわ

16

いきなりこのゲームの根底を揺るがしてくるスーパーレア。能力はパワーヒッタータイプ。

ビーフジャーキー

17

とにかく細く、相手の攻撃をいなしながら戦える一品。スキルも持久戦向き。

ベーコン

18

ビーフジャーキーと似た使用感だが、気持ち当たり判定が見た目より大きい気もする。コインを集めるのに適したスキルのように思われるが、普通に戦って貰えるコイン自体が少なめなので、無理にベーコンを使うよりは使い慣れたソーセージで連勝を重ねる方が良い。

レバーケーゼ

19

動きはベーコンと似ているが、こちらの方がパワー寄り。敵にすると思わぬ一撃を食らうことも。

フィッシュアンドチップス

20

どいつもこいつも自由すぎるスーパーレア勢の中でも、かなり目を引くイギリス料理。強力な自動回復効果があり、コイン集めで間違いなく大活躍する。

エビフライ

21

「棒状のものならなんでもいい」という制作陣の熱いメッセージを感じる。「うるせぇエビフライぶつけんぞ」をやりたいならこれを選ぼう。

レジェンド

ボスとして登場するソーセージたち。というか、もうソーセージと呼んでいいのか分からないシロモノばかり。

マグマ・ホットドッグ

22

とてつもない火力を誇るホットドッグ。けど、一番すごいのはコレを刺しても溶けていないフォーク側なのでは。

ダーク・ヴァイスヴルスト

23

闇の力を得て強化されたヴァイスヴルスト。しかし、こんな物のために命を落としたヤツを賢者と呼んでいいのか疑問は残る。

ブラッディー・ブルートヴルスト

24

赤黒いオーラを放つブルートヴルスト。これと上のダーク・ヴァイスヴルストは攻撃範囲が狭いため、ボスで出てきたらカウンター戦術で簡単に仕留められる。

ライトニング・ウィンナー

25

圧倒的なスピードとパワーを誇り、1対1の勝負では間違いなく最強のソーセージ。でも、白い見た目のおかげで繋がった乳酸菌にしかイメージできない。

バーニング・サラミ

26

鈍重だが、一撃の破壊力と回復スキルが強力な最後のレジェンド。神は遊んでないで仕事しろ。

最強のソーセージは?

サシの勝負ならライトニング・ウィンナー。攻撃の速さと威力がバケモノ。

ただ、一人モードで記録を狙うなら自動回復持ちのバーニング・サラミだろう。回復量は少ないが、フィッシュアンドチップスもかなり良い。

以下、自身の記録を載せておきます。新記録が出る度に追記。


↓よかったらクリックお願いします!
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

スポンサーリンク



 - アプリ